歯科技工 一般の方にはわかりづらいでしょうが

今回の撮れたて技工は、2番単冠です。
a0071724_11343020.jpg
スタッフさんのケースで、こんな感じの口腔内です。
透明度の高いやつと、低いやつの二つを作り(実験がてら)
口腔内に入れることは出来なかったのですが、反対側の歯に合わせた状態でチェック
a0071724_11334706.jpg
a0071724_11334854.jpg
透明度の高いやつのほうが、あってそうな感じ。
まぁ~、そんなに外すこともないだろうと思い、セットのときは立ち会わずお願いしました。
その後、どんな感じだったかと口腔内を見せてもらうと(ーー;)
a0071724_11325020.jpg
テトラかというぐらいの暗さ、なぜこれをしかも本着したのか・・・・
透明度の高いタイプをセットしたみたいで、これは駄目だろうということで、
割ってもらって、透明度の低いタイプを入れてみたら
a0071724_11324687.jpg
これも、暗く外れてる(ーー;)肉眼で見るともっと暗くみえます。
ただ、太陽光の下で見ると、これがあってるんですよね~(-。-)y-゜゜゜
まぁ~実験もかねているので、もう一つ作ることに。
ちょうどそのときうけたセミナーで、内面にライナー(オペーク)塗ると良いとのことで
早速やってみました。
a0071724_11324786.jpg
内面調整用に、赤く着色して支台に
a0071724_11324533.jpg
頬側、ほぼ遮断
a0071724_11324536.jpg
舌側、すけすけ、厚みは両方ともほぼ一緒です。
これはいけるかもと、その後ステインをして
a0071724_11324584.jpg
こんな感じになりました。
a0071724_11324563.jpg
白帯が、少し足りなかったのでこの後もう一回焼きましたが、セットはお任せしたので写真はありません。
一手間増えるんで、やりたくはないですが、支台歯の状況に左右されにくいので、
ケースによっては、使用していこうと思ってます。
ますます築盛しなくなるな~(-。-)y-゜゜゜
a0071724_11324630.jpg
これは、ライナーしたやつとしてないやつを並べたもので、この状態ではほとんど代わり映えはしないんですよね~




[PR]
# by good358 | 2017-11-18 11:53 | 歯科技工 | Comments(0)

歯科技工 一般の方にはわかりづらいとは思いますが

忘れたころにやってくる撮りたて技工です。
今回は、珍しく大臼歯です。
a0071724_13232421.jpg
シェードは、A3どうりに作れればうまくいきそうな感じです。
あ、今回もフルジルコニア、ステイン仕上げです。
a0071724_13255022.jpg
少し明るかったですかね~
a0071724_13235561.jpg
咬合面は、ジルコニアの明るい感じを抑えられたのではと思ってます。
焼成前のブロックにいつもより強めにグレーやらバイオレットやらを塗ったおかげでしょうか
物が小さいので、書くこともなく今日はここまでということでm(__)m

[PR]
# by good358 | 2017-11-04 13:34 | 歯科技工 | Comments(2)

リフォーム

写真が多くて、長くなるでわけました。m(__)m
a0071724_11584580.jpg
リフォーム開始です。
作業は、基本大工さんが一人でやってきて黙々とやられます。
自分は、こんな機会もないので、写真撮るのが日課になってました(^^♪
a0071724_11584583.jpg
天井は二間取り外されています。
話を聞くと、今の常識では入れないといけない柱がやっぱり入ってないらしく、
やってよかったですよと、慰めのお言葉などもいただきながら、、、
a0071724_11584608.jpg
柱は、2本立てるので新たに基礎を二つ。かなりがっちりしたやつです。
もう築40年超えてるので、当然地面むき出しです。
a0071724_11584750.jpg
基礎からの、柱の立ち上げどうするんかな~と思っていたら、こんな金具で下から柱をサポート。
a0071724_11584798.jpg
こんな感じですね。
a0071724_11584793.jpg
下からあった横に渡してる柱に干渉しないように処理もされてますね~
これ一人でやってるんだから、すごいと思いますよ。
a0071724_11590486.jpg
a0071724_11590346.jpg
いろいろな金具で補強もしてくれてます。
a0071724_11590579.jpg
柱が、二本入った状態です。
a0071724_11590537.jpg
天井も、柱が立て横に入って今までなかった断熱材も入れてもらいました。
a0071724_12404568.jpg
a0071724_12404509.jpg
漆喰を塗るためのボード設置。
ここからは、左官さん登場、こちらも一人でやってこられました。
a0071724_12405681.jpg
a0071724_12404570.jpg
二回に分けて塗るようで、こんな感じから
a0071724_12405689.jpg
漆喰完成、湿気がすごく除湿機フル回転です。(^^)
この後、電気工事の人が入ってライト設置
a0071724_12470419.jpg
LEDに進化しました。(^^)v
a0071724_12405716.jpg
畳の部屋も、LED(^^)色温度も変更できるようですが、基本寝るだけの部屋なので未だ試したことは
最初の一回のみ(^_^;)
a0071724_12405744.jpg
シートがかぶさっていた畳の部屋かなりしっかりした床になっています。
畳み入る前に、一瞬このままでいいんじゃと思ったくらい(^_^;)
唯一気になったのが、今まではここから床下に入れるところがあったのですが、
今回は、それが設置されてなく何かあったらどこから入ろうかと。。。。(-。-)y-゜゜゜
a0071724_12405866.jpg
畳入りました。嫁さんが琉球畳の家に住むのが夢だったと言ったので、今回贅沢したポイントです。
なぜか半分の大きさなのに料金は一緒。6畳なので12畳ぶん(T_T)
畳って同じものをただ入れてるだけかと思ってたのですが、ちゃんと部屋を図って、その部屋にあった
のを作るみたいで、入れる場所も間違えたら駄目だということを今回はじめて知りました。
だから、畳の裏って位置示すのをマジックとかで書いてるんですね。
a0071724_12405709.jpg
これは、弟君の部屋。ここも畳み交換です。
a0071724_12405819.jpg
こっちは、ノーマルです。(^^)
担当してくれた業者の方は、最後まで琉球畳に反対でしたが、納品のときに品物見たら
いいですね~、これは入れたがるのわかりますと言ってました。
確かに、畳表の織り方もぜんぜん違ってました。
これで、とりあえずリフォーム完成です。
床の傾きもなくなり、歩いてもすごくがっちり感がでました。
また、断熱材も入ったおかげか、部屋が暖かくなりました。
a0071724_12405739.jpg
ちなみに、どんだけ歪んでたかというと、こんな感じです。
これは、二階の柱なんですがこんだけずれてます。
工事前の状態を記憶していないので、どの時点でこうなったかわからないのですが・・・・

柱を入れたので、今までしていた床のきしむ音がほとんどしなくなりました。
担当してくれた業者の人は、最初のときも担当してくれてたのですが、
その人が、「床なりが無くなってよかったです。最初のとき床が鳴ってたのでどうしようかと思ってたんですよ」
って、告白してくれました。(^_^;)

100万超えるお金がかかりましたが、こりゃ素人ではどうも出来ない内容だったので
仕方ないかなと思ってます。
後は、俺が死ぬまでもってくれれば言うことなしですが。。。
大事にしていきたいと思います。(^^)







[PR]
# by good358 | 2017-11-04 13:19 | | Comments(2)