歯科技工 一般の人には判りづらいと思いますが・・・

今週の撮れたて技工は、ここ2週間ほど
自分を悩ませてくれた。
a0071724_037486.jpg

こいつです。
メーカーから、電話があり
「後蝋ですが、非常に酸化しやすいので、埋没材を乾燥させたら
すばやくバーナーで流してください。」
????
「あの~後蝋のことですよね?」
「はいそうですよ」
「ポーセレン築盛後に、バーナーで熱を加えるんですか?」
「はい、ドイツからそういった回答がきております」
「は~そうですか、じゃあ前蝋はどうですか?」
「前蝋は、フラックスを変えてください。」
「それに変えれば、うまくいくんですか?」
「そうですね~、あと他社製品になりますが、
コバルトクロム合金用のフラックスと蝋があります」
早くそれを教えんかい!とは思いましたが、解りましたといい電話を切り、
コバルト用のフラックスと蝋注文しました。
でその結果が
a0071724_0463372.jpg

流れた
a0071724_0465036.jpg

こっちも流れた。きたーーーーーーーーーっって感じです。(^_^)
a0071724_0473720.jpg

戻りもそれなりだったんで、
a0071724_048614.jpg

a0071724_0481945.jpg

気泡が出てくるか心配しながら、焼いてたんですが
なんとか、問題なく焼きあがりました。(^_^)v
a0071724_0491140.jpg

色はA2、形もテックどうりと言うことで、こんな感じです。
来週セット!          予定です。(^_^.)
[PR]
by good358 | 2008-04-26 00:51 | 歯科技工 | Comments(6)
Commented by フロム at 2008-04-26 18:10 x
無事完成して良かったですね^^
その後音沙汰がなかったので心配していたのと経過が気になっていたので安心しました
コバルトクロムだと硬いので7-7あたりにランナーバーを渡さなくても陶材焼成した後もメタルフレームの変形はなかったようでなによりです(^^ゞ


Commented by hoochiecoochie at 2008-04-26 23:31 x
こんばんわ、35ねんくらい前にポーセレンを教えてくれた同僚は
リングファーネスに埋没ブロックを入れて700度くらいまで温度を上げ4ファーネスの中にブローパイプを入れ後ローしていました
そんなやりかたですがけっこううまくいってました
Commented by フロム at 2008-04-27 00:49 x
私も20年前にラボで働いていた時にMB後ローをブローパイプでしたことあります^^
先輩がやっていたので真似してやりましたが・・・ポーセレンが赤くなって結構ドキドキしましたけど上手くいきましたが今は恐くてできませんね
Commented by good358 at 2008-04-29 00:22
フロムさん こんにちは
うちのラボは、セミプレぐらいまでしか使わないので
フルでも、ランナーバーを、渡すことはしません。
(ホントはずれてたりしてですね(^_^.))
スタンドは、フルの場合は仮着器で、簡単なやつを作ります。
Commented by good358 at 2008-04-29 00:26
hoochiecoochieさん 初めまして(ですよね)こんにちは

ブローパイプで、後蝋やる方法があったんですね。勉強不足でした。
しかし、やるのは怖いです。(^_^.)
35年前すでに技工やられてたのなら、大先輩ですね、
アドバイスありがとうございます。
Commented by good358 at 2008-04-29 00:30
フロムさん こんにちは
フロムさんもブローパイプ法やったことがあるんですね、
後蝋は、ポーセレンフャーネスでやるもんだと決め付けてました。
アドバイスありがとうございました。
<< キャンプ 開けるな危険 >>